人は手に入れられないものを欲しがる

強力な販売戦略として、「テイクアウェイセリング(Take Away Selling)」という方法がある。

例えば・・・

あなたにとってこんなに良い商品があります。
(⇒これでは今すぐ買おうとは思わない。しかし、こう続くと・・・)
が、あなたは買えません。
あるいは、たった今、売り切れました。
(⇒となると、無性にその商品が欲しくなる。)

つまり、いつでも買えるものは誰も欲しがらないが、ベネフィットを取り上げる(奪う)ことで、欲しい!という感情が強くなるのです。

何かを失う恐怖>>何かを得る願望

なので、、、
販売において、○月○日まで、先着○名様限定、○○の条件を満たす方のみ、などといったデッドラインを設けることが、お客様を行動させる最も重要な要素(心理トリガー)となる。

需要に対して意図して供給をセーブしている「エルメスの商品」、マクドナルドの秋にしか食べられない「月見バーガー」、申し込みのタイミングに合わせた「早割」、などなど。
多くのビジネスの現場において、このトリガーを利用して高い収益を上げている事例は山ほどある。

繰り返しますが、いつでもどこでも誰でも買えるものは欲しいと思わない。人は行動しない。

あなたが提供する商品・サービスにおいても、限られた時期にしか買えない、限られた数量しか提供できない、特別な人だけが買える、特別な人に特別な特典がある、、、
といった、日付や数量、顧客区分などによる明確なデッドラインの設定を!!


追伸、
デッドラインの設定においては、お客様が信じるかどうか、というのが重要なポイントです。
扱う商品や事情によっても異なりますが、実際どれだけ売れているか見えない数量については、理由や証拠を丁寧に説明しなければお客様は信じない。行動しないのでご注意を。
例)「ご予約いただいた先着30名様に○○を無料プレゼント!」より、「4月30日までにご予約いただいた方に○○を無料プレゼント!」のほうが効果的。





このコンテンツはアクセス制限されています。
メンバーの方は以下のフォームよりログインしてください。

※はじめての方は「新規ユーザー登録」ページへ。

既存ユーザのログイン