選択肢の矛盾/なぜ少ない方がいいのか?

選択肢の多さ、多様さ、何でも手に入る便利さは、実はその反面、人を不幸にしていると心理学者バリー・シュワルツ氏は言う。

あるスーパーマーケットの中で、高級ジャムのサンプルを並べ、それを消費者に試食させ、それがどのような形で購買に結びつくのかを調査した。

ひとつのテーブルには24種類のジャムを並べ、もうひとつのテーブルでは6種類のジャムを試食させた。
客の集まりは24種類のジャムを並べたテーブルの方が多かったが、実際にジャムを試食した人の数は両方ともほとんど同じ。
しかも面白いことに、購買の比率となると、24種類のジャムを並べたテーブルでは試食者のわずか3%がジャムを買ったのに対し、6種類のジャムを並べたテーブルでは、30%の人がジャムを買った。

なぜか・・・

その理由のひとつは、24種類のジャムが並んでいるテーブルに集まった客は、6種類のジャムの中から選ぶよりも、購買決定のためにずっと長い時間と努力を必要とし、そのプレッシャーを避けるために、客はジャムを選ぶこと、買うことを拒否する。
また、たとえ時間とエネルギーを費やしてジャムを買っても、たくさんあるジャムの中で、自分が本当に一番美味しいジャムを選べたかどうかという疑問が残り、その買い物には満足感が伴わない。

一方、6種類のジャムのテーブルに集まった客は、自分の好きなジャムを選ぶのにあまり多くの時間もエネルギーも必要としない。
ジャムが必要な場合には、6種類の中から気軽に選べる。
しかも、自分の選択が間違っていないという確信が持てる。

この調査で分かることは、、、
24種類ある方がたくさん選べていいのに・・・、と思うかも知れないが、実際は逆で、選択肢が増えれば増えるほど、人は混乱して、結局どれも選べないという状況になる。
そして、注目すべき点は、選択肢が多いほど購買に対する満足度が下がるということ。

つまり、少ない選択肢が幸せをもたらすカギであり、同時に行動のカギとなるのです。
やたらとメニューの多いサロンはご注意を!!






このコンテンツはアクセス制限されています。
メンバーの方は以下のフォームよりログインしてください。

※はじめての方は「新規ユーザー登録」ページへ。

既存ユーザのログイン